肩と上肢(腕と手)と上肢帯

 解剖学的な言葉遣いですが、私たちの肉体は大きく“体幹(たいかん)”と“四肢(しし)”に区分けすることができます。体幹は背骨を中心にした胴体と首と頭のことであり、四肢は上肢(腕と手)と下肢(脚と足)のことです。そして四肢を体幹に結び付ける存在として上肢帯、下支帯があります。上肢帯は鎖骨と肩甲骨で、下支帯は骨盤です。

肩のコリと張り

肩関節周囲炎(四十肩、五十肩)

腕(上腕と肘関節と前腕)

  • 上腕の痛み
  • 肘関節の捻れと痛み
  • 前腕の痛み

手首と手